ピンチをチャンスに変えるキャッシング

キャッシングで事業の存続

本来、消費者金融のキャッシングは、事業性資金に使用してはいけないことになっています。
しかし、私を含め、事業のためにキャッシングを利用した中小企業の社長さんは沢山いるのではないでしょうか?
私の場合、事業を始めた当初はそこそこの売上もあり、会社の経営も順調でした。(個人の小さな会社でした)
そのうちどんどん売上が下がったため、広告を今までの3倍出そうと決めました。
けれど、広告の印刷代と配布代がありません。銀行に借りることもできません。
こんな時です、テレビのCMで「♪初めての○○○♪」が聞こえてきました。
迷わず、キャッシング実行です。
一社では足りないので、もう一社からも限度いっぱい借りました。
それから、持っていたクレジットカードのキャッシング枠も一杯まで使って、資金繰り成功
なんとか、広告を3倍打つことができ、市外からの仕事も入るようになり、難局を乗り切りました。
未だ返済中です。しかし、あの時のキャッシングがなければ倒産してました。本当に助かりました。

FX外国為替取引で失敗してキャッシングをした経験

FX外国為替取引で簡単に副収入を得たいと考えて投資しましたが、最終的に大きな損失を被ってしまい借金を抱えてしまいました。とはいえ損失を受けたまま投資をやめるわけにはいかず、何とか負けた損失を取り返そうと、投資を続けることにしました。とはいえ、投資を続ける資金が尽きてしまい、消費者金融でキャッシングをして資金を確保するというハイリスクな投資をするようになりました。

消費者金融で審査を受けましたが、即日で融資を受けることができました。決して失敗が許されない投資をすることになりましたが、キャッシングをしたおかげで投資を続けることができました。利益が出れば多めに返済することができましたから、徐々に融資額を完済することができました。今では投資に勝つことができて、大きな利益を出すことができています。非常に危険な賭けでしたが、キャッシングをしたおかげで、経済状態を回復するための投資の資金を得ることができました。